全部床の基礎理論から
臨床基本手技までを学ぶ
リーフデンチャーコース ReAF Denture Course

担当講師:松田謙一
(大阪大学歯学部歯学研究科 臨床講師)

全部床の基礎講義〜臨床理論講義〜臨床手技講義〜患者デモンストレーションを通じて、
症例に応じた最適な手法を選択することが可能となり、高品質な義歯を患者へ提供できる基礎体力を養う教育コース

松田謙一

PURPOSE

義歯臨床に必要な基礎的知識の拡充を図り、
種々の基本的臨床手法を理解することによって、
高品質な義歯を患者へ提供できる基礎体力を養います。

多くの歯科医師がすでに認識しているように、現在全部床義歯の臨床手法には実に様々な方法が存在しています。
確かに様々なテクニックやシステムは一見どれも上手く行くように見え、優れた義歯を提供できる場合もある一方で、多くの歯科医師が受講しても高いレベルに達せずに義歯臨床に苦慮している場合も決して少なくありません。
なぜそうなるのかを考えてみると、これまでの短期間の義歯教育セミナーでは枝葉(システムやテクニック、手法、手技)ばかりを学んで、幹(セオリー・原理・機序)あるいは根(生理学、解剖学、組織学、物理、力学など基礎系学問)を学んでいないためではないでしょうか。
本アカデミーでは、その根幹と基本的術式をマスターするだけにとどまらず、様々なシステムやテクニックが派生する元になった分岐点を紐解きつつ、各方法に潜在するメリットや注意点についても解説していきます。
そうすることで、症例に応じた最適な手法を選択することが可能となり、高品質な義歯を患者へ提供できる基礎体力を養います。

PROFESSOR

松田 謙一 先生

松田 謙一 先生

略歴

  • 2003年3月 大阪大学歯学部卒業
  • 2007年3月 大阪大学大学院歯学研究科 修了 学位取得(歯学博士)
  • 2007年4月 大阪大学大学院歯学部附属病院 第二補綴科 医員
  • 2008年9月 公益社団法人日本補綴歯科学会 専門医取得
  • 2009年1月 大阪大学大学院歯学研究科 顎口腔機能再建学講座 助教
  • 2016年9月 公益社団法人日本口腔インプラント学会 専修医取得
  • 2017年4月 一般社団法人日本老年歯科医学会 認定医取得
  • 2019年1月 公益社団法人日本補綴歯科学会 指導医取得

所属学会・資格・役職など

  • 日本補綴歯科医学会 代議員・専門医・指導医
  • 日本老年歯科医学会 認定医
  • 日本口腔インプラント学会 専修医
  • IADR (International Association for Dental Research)
  • ICP (International College of Prosthodontists)

主な講師実績(抜粋)

  • 松風夏期講習デンチャーコース 2010〜2011
  • ジーシー・クリニカルベーシックセミナー 2012〜2014
  • Ivoclar Vivadent社 BPSクリニカルインストラクター 2012年〜

主な講演実績(2017〜抜粋)

  • 1.第126回日本補綴歯科学会学術大会 臨床リレーセッション2017, 横浜
  • 2. 第493回 大阪大学歯学部同窓会臨床談話会 2017, 大阪
  • 3.第3回BPSシンポジウム 2017, ソウル
  • 4. 第5回滋賀県歯科学術シンポジウム, 2018, 大津

CLASSES

全部床義歯ベーシッククラス

少人数制で全部床義歯臨床に必要な基礎的な知識から、具体的な臨床テクニックまでトータルで習得することを目標としています。コースを通じて患者一名の義歯を製作する過程を実際にデモンストレーションで解説します。

全8回 16日間(定員10名)

<大阪コース> 場所:※梅田駅近隣を予定
2019年9月28日(土)〜2020年3月8日(日)
<東京コース> 場所:※東京駅近隣を予定
2019年10月5日(土)〜2020年3月15日(日)

全部床義歯クリニカルトレーニングクラス

全部床義歯ベーシッククラス修了者の中から希望者を対象に、2人1組で一人の患者の義歯を完成まで仕上げるというコースを予定しています。

全6回 6日間(定員8名)

2020年開催予定

部分床義歯クラス

全部床義歯ベーシッククラス修了者の中から希望者を対象に、部分床義歯コース。部分床義歯に必要な知識の供与と部分床義歯の製作に関して学べるコースを予定しています。

全4回 8日間(定員10名)

2020年開催予定

技工士向けクラス

1.概形印象後〜最終印象前(研究用模型製作、個人トレー製作)、2.最終印象〜咬合採得(作業用模型、咬合床製作)、3.前歯試適〜蝋義歯試適(人工歯配列)に関する講義と技工内容のチェック、ディスカッションを実施するコースを予定しています。

日程未定(定員未定)

2020年開催予定