ReAF Denture Course

歯科技工士が知っておくべき義歯臨床の基礎知識 〜ナイトセミナー〜

クラス概要

歯科技工士数の減少に伴い、適切な義歯臨床を行うことができる歯科技工士も徐々に減っていると言われています。一方で高齢者の増加に伴い、部分床義歯を含め、有床義歯のニーズは徐々に増加しています。
本クラスは、適切な有床義歯技工を行うために知っておくべき、臨床術式とラボコミュニケーションに関する知識をしっかりと学ぶためのクラスです。これまで、歯科医師が歯科技工士のみを対象として、“本当に歯科技工士に知っておいて欲しい義歯臨床”について解説するセミナーはおそらくなかったと考えられます。
義歯臨床の正しい流れを知り、歯科医師と適切なディスカッションを行いながら、少しでも良い義歯を製作するために必要な知識を習得していただきます。

研修日程

講習日(水曜日×5回 計5日間)
19:00~21:30

<大阪クラス>ハイライフデンチャーアカデミー セミナールーム

  • 第1回2020年4月22日(水)
  • 第2回2020年5月20日(水)
  • 第3回2020年6月24日(水)
  • 第4回2020年7月29日(水)
  • 第5回2020年8月26日(水)

担当講師

松田 謙一 先生 (大阪大学歯学部歯学研究科)

受講費用

10万円(税別)

カリキュラム

第1回歯の欠損後に起こる変化、全部床&部分床義歯臨床の特徴

歯を欠損した後に起こる形態・機能の変化、義歯補綴治療の特殊性

第2回概形印象、研究用模型、個人トレー

概形印象が採得できているかどうかの判断、個人トレーのライン

第3回最終印象、垂直的顎間関係

最終印象の成否の判断、作業模型上での工夫、平面、咬合高径の決定法

第4回水平的顎間関係、人工歯排列

水平的顎間関係の基本的な考え方、人工歯排列位置の重要性と決定法

第5回咬合様式、咬合調整、粘膜調整、リライン、リマウント

義歯に付与する咬合様式とその調整法、装着後に行われる技工操作