ReAF Denture Course

IODコース

全国からオンラインでも受講できます

クラス概要

無歯顎患者に対してIODを適用するための基本的知識や具体的な術式について理解することを目的としたクラスです。
IODとCDの違い、IODに関するエビデンスに加えて、IODを実際に行うための基本的な知識(適切なインプラントの本数、埋入部位、アタッチメントの選択)等を学ぶことができます。

IODコース

研修日程

講習日 2日間
2021年11月13日(土)、14日(日) 

  • 1日目(土曜日) 14:30〜19:00
  • 2日目(日曜日) 9:30〜16:00

<会場>(オンライン参加も可能)
ハイライフデンチャーアカデミー セミナールーム
(大阪府大阪市北区梅田2丁目6−20 パシフィックマークス西梅田2F)

担当講師

金澤 学 先生(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科)
松田 謙一 先生 (大阪大学歯学部歯学研究科)

受講費用

5万5千円(税込)

カリキュラム

IOD-PR01 IOD-PR03 IOD-PR03

第1日目IODに関する基礎知識を整理する

・IODとは何か、世界の潮流
McGillコンセンサス、Yorkコンセンサスって?
世界では本当にIODが主流なのか?日本ではどうなのか?
・IODの有効性を示すエビデンス
IOD vs CDに関する論文
世界では本当にIODが主流なのか?日本ではどうなのか?
・IODの有効性を示すエビデンス
IOD vs CDに関する論文
これだけは押さえておけ!という論文を紹介
・IODとCDの違いを考える
IODとCDでは、何が異なるのか?
CDの方が優れている点は?IODが優れている点は?

第2日目IODを実際に行う上で必要な知識、術式を理解する

・IODが必要な症例/場面を考える
IODが必要な症例とはどういう症例か?
固定性補綴からの移行は有効か?注意点は?
・埋入部位についての考え方
アタッチメントの選択方法
・IOD製作、術式の流れ、ヒント
IOD製作の順序
ステント、オペ時の注意点
埋入後、現義歯はどうするか、いつ負荷をかけても大丈夫か?
印象のタイミング
・RPDへの応用/症例紹介